今年のカレンダー

シークレフが開店して以来、カレンダーは毎年楽器関係のものを掛けるようにしてきた。

開店した年はこれ。

2013-%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

ビンテージのエレキだ。

次の年はこれ。

2014-%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

今度はビンテージのアコギ。

そして一昨年はこれ。

2015-%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

ミュージシャンが楽器を持ったり弾いたりしてる手の写真をあしらったカレンダー。

どの年も良いデザインで、店のイメージにピッタリだというお客さんからの評価をいただいていた。

ところが昨年は微妙に流れがずれた。

昨年のカレンダーがこれ。

2016-%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e4%b8%ad%e8%ba%ab

楽器より水着のねーちゃんばかりが目立つ写真カレンダー。

しかも、ところどころにブスも混じってたりして、どうも納得がいかなかったが、意外にもお客さんの評判は逆だった。...

Read More

いつでも脱げます

最近、私の頭に毛が生えてきたという話をよく聞くようになった。

どうやら、ほとんど毛が無かった頭頂部に変化が現れたらしいが、ダイエットして腹が凹んだ。。。とか髭が伸びてきた。。。みたいに自分で見えたり鏡に映して分かる場所では無いのでイマイチ実感が無い。

でも一つだけ変化を感じるところがある。

一日帽子をかぶっていて脱いだ時の様子が違うのだ。

以前はどうだったかと言うと、脱いだら弱々しい髪の毛が頭皮にへばりついていて、とても見れたもんじゃなくて、昔、飼っていたモグラが檻から逃げ出して糠味噌の樽の中で死んでいた時のような様子だった。

だから絶対に部屋に...

Read More

ラブドール

今日はエッチな話なので、その手の話題が嫌いな方はお読みにならない方が良いと思う。

いつもは音楽や楽器の話題が多いシークレフのカウンターだが、先日たまたまダッチワイフの話になった。

ダッチワイフというのは、空気を入れて膨らませるお人形の事で一人暮らしの男性が夜のお供として使用する。

有名なのは『南極2号』という名前の製品で、ホントか嘘か分からないが第一次南極越冬隊のために政府から支給されたものが南極1号で、それをバージョンアップしたのが南極2号。

それがあまりにも有名になり過ぎて、かつてはダッチワイフ=南極2号みたいな感じだった。

どんなものか...

Read More

オリジナルコピーバンド

昨日はシークレフがお休みだったので、小松までクラフツの練習に行ってきた。

クラフツというのは道見君とゆきちゃんのユニットで、オリジナルアルバムを一枚出している。

道見君というのはこの人。

道見君

とぼけた顔してるが実は女にマメで、その味が曲にも上手く溶け込んでいる。

そして、ゆきちゃんというのはこの娘。

ゆきちゃん

私の周りにはあまりいないフワフワした不思議で魅力的な声を持つシンガーだ。

一昨年の事、道見君からアルバムを出したのでレコ発を金沢でやりたいという話になったので、何でも言えるし何にも言わなくてもちゃんとしてくれるドラムのマコトとピアノのあきっぺを誘ってライブ用のバンドを作った。...

Read More

かたくりの花

常連さんの上ちゃんから、先日こんな話を聞いた。

『平栗には蛍の池以外にもステキなところがあるんですよ』

話を聞いてみると、私たちが夏祭りでライブをさせてもらった平栗の集落の奥には、かたくりの花の群生地があり、そこに絶滅しかけのギフチョウが飛んでくるらしい。

しかも、その期間は非常に短くて、雪の少なかった今年はおそらく4月の第一週目限定だという。

ならば、あちこちに咲いてる桜はひとまず置いといて、平栗の山の中へ友達と向かう事にした。

もう何度も通った山道をずんずん登っていく。

去年は不気味に傾いていた謎の烏骨鶏研究所の門柱はすでに修理がなされて、あんまり怖くなくなっていた。...

Read More

どこで買うの?

今年も浜田省吾トリビュートバンド『おんざど〜ろ』のライブが近づいてきた。

毎週、真面目に練習しているので、たぶんとんでもない事にはならないだろうと思うが、こうなって来ると後は衣装選びだ。

幸い今年は早めにステキなシャツが見つかったので、私はひと安心だが問題はサックスの寅ちゃん。

年々衣装が過激になって行き、去年は極楽鳥のようなカッコで出て来た。

今年もどんな事をやらかしてくれるか楽しみだが、彼も好きでやってる訳じゃない。

実は元ネタがある。

浜省のバックバンドは男臭いロックな奴らの集まりだが、サックスの古村さんという人だけがいつもとんでもない衣装で登場する。...

Read More

芸人魂

昨日は常連さんの理恵ちゃんとバー『あたごおる』に行ってきた。

駐車場に車を停めて入口の近くに来ると、サックスの音色が聴こえて来る。

扉を開けると出迎えてくれたのがこの方。

筒井君

クラシック界に生きるプロのサックス奏者、筒井君だ。

彼は理恵ちゃんの高校の後輩で同じブラスバンド部の出身。

プロでクラシックと聞いただけでタキシードを着て2メートルぐらいの目の高さで物を言う人かと思っていたが、どちらかと言えば『ごめんくさい、こりゃまた臭い。そうかい、そうかい、瀬戸内海』って言いそうな感じの人だった。

コーヒーを注文して、会話が始まる。

当然音楽の話しにもなったが、若い頃バンドに...

Read More

床屋さん

昨日、散髪に行ってきた。

最近、このブログはシークレフであった出来事よりも、マニアックなベースうんちくよりも、禿げネタの方が多くて陰でハゲブログと呼ばれているのではないかと心配しているのだが、ついに床屋ネタを書けるまでに成長した。

床屋さん。。。

遥か記憶の彼方に霞んでいる懐かしい響きだ。

もう、スキカル君を使い自分で丸刈りをするようになって何年経つだろう?

いや、何十年かもしれない。

家のスキカル君は私が買った初代はすでに壊れてしまい、今あるものは太賀が高校生の時、居酒屋で酒を飲んだのがバレて母親の理恵ちゃんが涙ながらに五厘刈りをした時の物を譲り受けた二代目だ。...

Read More

第一回 『ZARD 坂井泉水 永遠に』北陸オフ会

先週末は第一回 『ZARD 坂井泉水 永遠に』北陸オフ会がシークレフで開催された。

お越しいただいた皆さま、グループリーダーの柏木さん、幹事の岡村さん、ZARDトリビュートバンド『Bloom』のメンバーの方々、シークレフをお選びいただき心より御礼申し上げます。

そして、美味しいお料理いっぱい作ってくれた里香ちゃん、ドラムにホール係に大活躍の太賀、映像担当とセッションで活躍してくれた新橋、素晴らしい演奏でみんなを楽しませてくれたギター演奏担当のカッシー、そして最後のお片付けから私がオネムになった後、夜中にお見えになった物凄い人数の団体さんまでお世話してくれた理恵ちゃん、本当にありがとうございました。...

Read More

痒い

最近、下半身が痒い。

とは言っても寂しさのあまり、ややこしい女を買ってヘンなものを貰ったとかいう話では無い。

この季節特有の乾燥肌という奴だ。

人間の身体というものは、なかなか自分の思うようにならないもので、乾燥していて欲しいおでこはいつも潤っているのに、しっとりしていて欲しい脚やお尻は乾燥して大変な事になっている。

そして出て来る症状は、猛烈に痒いという厄介なモノ。

特に冷えた身体を急に温めた時がひどい。

例えばお風呂に入ってすぐにベッドに入った時など、さあ寝ようと思った頃に太ももの内側や、足首、そしてお尻の上の辺りが猛烈に痒くなって寝られない。...

Read More