痒い

最近、下半身が痒い。

とは言っても寂しさのあまり、ややこしい女を買ってヘンなものを貰ったとかいう話では無い。

この季節特有の乾燥肌という奴だ。

人間の身体というものは、なかなか自分の思うようにならないもので、乾燥していて欲しいおでこはいつも潤っているのに、しっとりしていて欲しい脚やお尻は乾燥して大変な事になっている。

そして出て来る症状は、猛烈に痒いという厄介なモノ。

特に冷えた身体を急に温めた時がひどい。

例えばお風呂に入ってすぐにベッドに入った時など、さあ寝ようと思った頃に太ももの内側や、足首、そしてお尻の上の辺りが猛烈に痒くなって寝られない。

そして朝になると、寝てる間にそこらじゅう掻きすぎて大変な事になっている。

でも、まだ寝てる時は布団の中だから良い。

これがバス停から寒い中を歩いて来て、店の暖房が効き始めた時などは最悪だ。

お客さんを前にズボンを脱いで脚を掻く訳にはいかないので、片足で反対側の足首をモニョモニョ掻く。

そして、お尻の上の辺りは腰に手を当てているようなふりをしてこっそり掻く。

ところが、先日お客さんから

『ヒロさん、お尻痒いの?』とズバリ言われてしまった。

びっくりして、聞いてみたらこの通り。

自分ではこんな感じでお客さんと、話しているつもり。

尻掻き正面

 

でも、ある角度から見るお客さんにはこんな風景。

 

尻掻き後ろ

 

。。。しまった

 

カウンターの後ろに鏡があるんだった。。。

 

これじゃ、こっそり掻いているつもりが丸見えだよ。。。

 

冬だけカウンターの鏡、外そうかな。。。

決してお尻の深部を掻いている訳ではないので、出来ればそっとしておいてやって下さい。

お願いします。

 

 

 

 

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>