かたくりの花

常連さんの上ちゃんから、先日こんな話を聞いた。

『平栗には蛍の池以外にもステキなところがあるんですよ』

話を聞いてみると、私たちが夏祭りでライブをさせてもらった平栗の集落の奥には、かたくりの花の群生地があり、そこに絶滅しかけのギフチョウが飛んでくるらしい。

しかも、その期間は非常に短くて、雪の少なかった今年はおそらく4月の第一週目限定だという。

ならば、あちこちに咲いてる桜はひとまず置いといて、平栗の山の中へ友達と向かう事にした。

もう何度も通った山道をずんずん登っていく。

去年は不気味に傾いていた謎の烏骨鶏研究所の門柱はすでに修理がなされて、あんまり怖くなくなっていた。

烏骨鶏

こちらは夏祭りでライブ会場となった、たけのこの集荷場。

たけのこ集荷場 (1)

早朝はさぞかし賑わっているのだろうが、午後は人影も見えない。

その上の集落を抜け、さらにずんずん登っていくと駐車場があり、その奥が遊歩道になっている。

最初は花見なんだから、ブルーシート持って酒買って行こうかと思ったけど、どうやらそんな感じでは無く絶滅しかけの自然を静かに観察する場所みたいだ。

 

。。。バーベキューコンロとか持って来なくて良かった。

 

そしてしばらく山を登っていくと。。。

あるある、すごい花盛りだ。

かたくり群生地

近くに寄って写してみた。

かたくりの花

はかない感じの小さな花だ。

ドヤ顔で咲き誇る桜も良いが、こういった人里離れた山奥にひっそり咲く花も良い。

かたくりの花は片栗粉関連なので、てっきり白い花かと思っていたし、上ちゃんにも『白い花でいっぱいなんですか?』と聞いたところ『そうなんですよ。とても綺麗なんです』と言ってたが、実際に見るとどれも紫色だ。

 

。。。上ちゃん、適当すぎるやろ。

 

そして今日は短い時間なので、もう一つの目的である幻のギフチョウが見れるかどうか心配をしていたが、なんとそこら中にパタパタしている。

留まったところを撮影してみた。

ぎふちょう

アゲハチョウの小型版のような感じで、はかないかたくりの花にお似合いだ。

すっかり満足して、綺麗な空気をいっぱい吸って、良い気分になっての帰り道、友人に

『良いもの見たね。やっぱりお酒持って来てバカ騒ぎとかしなくて良かったよね』って言いながら、すれ違う人を見たら手にいっぱいお菓子やら飲み物やら持っている。

 

。。。やっぱ北山たけしの演歌『かたくりの花』を歌いながら、大宴会すればよかった。

 

という事で、こちらのお花見は今週限定です。

興味のある方はお早めに。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>