オリジナルコピーバンド

昨日はシークレフがお休みだったので、小松までクラフツの練習に行ってきた。

クラフツというのは道見君とゆきちゃんのユニットで、オリジナルアルバムを一枚出している。

道見君というのはこの人。

道見君

とぼけた顔してるが実は女にマメで、その味が曲にも上手く溶け込んでいる。

 

そして、ゆきちゃんというのはこの娘。

ゆきちゃん

私の周りにはあまりいないフワフワした不思議で魅力的な声を持つシンガーだ。

 

一昨年の事、道見君からアルバムを出したのでレコ発を金沢でやりたいという話になったので、何でも言えるし何にも言わなくてもちゃんとしてくれるドラムのマコトとピアノのあきっぺを誘ってライブ用のバンドを作った。

やる曲は、もちろんクラフツのオリジナル曲だ。

でも、すでに完成された状態でリリースされてる曲なので、まずはそれを再現するところから始まる。

だから私にとっては、オリジナルバンドだがコピーバンドという、ややこしいスタンスになる訳だ。

もちろんアルバムでのベースは道見君が弾いているが、道見君はギタリスト。

当然、ベーシストとは違うアプローチでラインやリズムを組み立てて来る。

決して下手では無いし、ダサくもない。

ドラムもすべて自分でアレンジしてるので、非常に細かいところまで作り込まれている。

ボサッとしてるように見せかけて実は女にはマメなので、曲作りにもそれが大変良く表れている。

でも、こっちも40年近くベース弾いてるんだから、ところどころ自分流の味付けがしたくなる。

ところが、どんなラインを弾こうが、どんなヘンなフィルを入れようが何も言って来ない。

女にマメな彼の事だから聴こえていないはずは無いのだが、文句ひとつ言って来ない。

クラフツは24日の日曜日にノエルフュージョンでライブをさせてもらう。

アルバムをお持ちの方は、女にマメな道見君とオクテの私が作るオカズのどちらが美味いかを判定して貰いたいと思う。

久しぶりのクラフツライブ、皆さん是非お越しください。

 

M&M sweet cocktail vol.5
2016.4.24
noel fusion
(エクシール城東敷地内)
17:00 open
17:30 start
前売:¥2000(1drink)
当日:¥2500(1drink)

M´s Fellow
DEATH MENTAL HAZARD
Fixer
Missile BAND
Crafts

M&M vol.5

 

 

 

 

 

 

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>